読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳥取で行われた注目の発掘成果が一堂に!『速報展・発掘調査最前線 鳥取を掘る!! 2017』開催

期間:2017/02/25〜2017/03/26

鳥取市内で近年行われた発掘調査の成果が一堂に会する『速報展・発掘調査最前線 鳥取を掘る!! 2017』が、2月25日(土)から3月26日(日)まで鳥取市歴史博物館やまびこ館で開催される。鳥取市内の遺跡の展示や古代体験イベントを通して、埋蔵文化財・発掘について知ることが出来る。

展示される遺跡は、栗谷遺跡、青谷横木遺跡、岩吉遺跡、下坂本清合遺跡、鳥取城跡、鳥取城下町遺跡など、縄文時代弥生時代や古代、中世、近世の遺跡が紹介される予定だ。2月25日(土)、3月26日(日)には展示解説も行われ、遺跡をより詳しく知ることが出来る。

3月の毎週土曜日に開催される古代体験イベントでは、弥生の琴づくり、鏡鋳造体験、土製品ストラップ作り、巴型銅器スーパーボール作りが体験できる。子どもから大人まで誰でも参加できるので、古代のモノづくりをぜひ体験してみよう。他にも、3月5日(日)、12日(日)、19日(日)と全3回に渡り「資料を読む・近代資料編」として歴史資料を読み解く講座が開催される。

鳥取城フォーラム2017

さらに2月26日(日)には、同じ鳥取市歴史博物館の地下フリースペースで「鳥取城フォーラム2017」が開催される。「鳥取城に葺かれた瓦〜国史鳥取城跡復元整備の最前線〜」をテーマに、(公財)日本城郭協会理事・学術委員会副委員長の加藤理文による基礎講演「家紋瓦の普及と背景」、鳥取市教育委員会文化財課の坂田邦彦による報告「鳥取城の瓦と焼物」、そして「鳥取城のこれから」を語るトークイベントが行われる。遺跡や建築物から、鳥取県の歴史を感じられるイベントだ。

関連する観光スポット&イベント

鳥取を掘る!! 2017』

開催期間

2017年2月25日(土)〜3月26日(日)

9〜17時(最終入館16時30分) ※月曜日休館(月曜祝日の場合は翌日が休館)

主会場名

鳥取市歴史博物館 やまびこ館

住所

鳥取県鳥取市上町

投稿日:2017/02/22 12:00

http://www.rurubu.com/news/detail.aspx?ArticleID=8739

るるぶcom2017年2月22日付記事より引用

鳥取市内の古代から中世、近世などの発掘状況を一同に集めて開催される合同企画展です。2月26日には鳥取城復元整備の最前線の講演があるので、鳥取城に関する最新動向が分かります。鳥取城は訪れたことがありますが、何かとても虚しいような寂しく重い雰囲気を感じを受けました。過去の城攻めで鳥取城の飢え殺しとまで言われた兵糧攻めで多くの餓死者が出たことと関係があるのかもしれせん。

YUKIにゃん