読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかえり

一昨年の6月頃、勤務先の高校で、傘を盗まれた。

その日、傘立てに差しておいたら、なくなっていたので、担当の先生に言うと、「あー、傘立てに置くと、生徒に盗まれるんですよねー」とのこと。

「だったら出勤した時に言ってよ(涙)」と思ったが、我慢してあきらめた。

買ったばかりでとても気に入ってたので、「また同じ傘が欲しい」と思った。

スーパーの前の催事場で買ったので、その業者を調べ、問い合わせたが、「巡回していて、しばらく来ない」とのこと。

あちこちの傘売り場で探し、横浜駅のLoFtでやっと見つけ、全く同じ傘を買った。

その約1年9ヶ月後。

3年生の職員室の傘立てに、その傘があった。

担当の先生に聞くと、卒業生が教室に忘れて行った物とのこと。

生徒も卒業するにあたって、良心が咎めたんだろうか。

「たぶん私の傘なので、持って帰っていいですか?」と聞くと、担当の先生は「良かったですねー」と大喜び。

たしかに嬉しかったけど、家に帰ると全く同じ傘が2本。

さて、どうしようかな(笑)。