読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相場状況

13日のNY市場は、FOMCを控えて様子見の相場となりました。

3月度の利上げを、市場はほぼ織り込んでおり、注目となるのはそれ以降の利上げとなります。

4回の利上げとする予想も出てきており、今後の動向への言及に注目が集まっています。

NYダウは小幅に下落。

 

日経平均株価は、雇用統計を受けてドル高円安が一服したことで、輸出株らが低調に推移。

他に、金融、素材株らが下げるも、インフラや内需株が押し上げる形となり、小幅に上昇。

いずれにしても、FOMCを待つ相場となっています。