読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未必の故意どころか殺人未遂では?

長期化した場合の致命性と、関係者の薬剤に関する専門性を考慮すれば立件できそうな事案ですがねぇ。

 製薬会社の財力と悪質な弁護屋の人数を考えると、十分な刑の確定が無理そうなのでこんな妥協になったのでは?と思う今日この頃。

 まさか、仕入れ元の国籍が影響って悪夢は妄想であって欲しいと思いますが…。

偽造肝炎薬 6社に改善措置命令