読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スレイブメン

井口昇監督作品。

アルバイトをしながら自主映画を撮っているさえない青年しまだやすゆき(中村優一)は、街角で親切にしてくれた少女・小暮彩乃(奥田佳弥子)に一目惚れ。

「君の映画を撮りたい!」と勇気を出して声をかけようとするが、ある事件に巻き込まれたことにより、スーパー・ヒーロー「スレイブメン」としての能力を手に入れる!

しかし・・・

Yahoo!レビューで評価が高く(4.08点)、「ダークヒーロー版『君の名は。』!?」というキャッチコピーにも惹かれて観賞しました。

ネタバレを避けた冒頭のあらすじだけを読むと、よくありがちな仮面ライダーやアメコミ風のヒーロー物を想像してしまいますが、ネタが解ると・・・ストーリーは根本的に異なります。

また、「ダークヒーロー版『君の名は。』!?」というキャッチコピーも、末尾に「!?」を付けるという、スポーツ新聞の見出しのような、実は「内容に責任持ちません」という小細工がされていることを思い知らされるでしょう。

観賞後に「予想外の展開で面白かった(*▽)」という人がいる一方、「金返せーっ(`△´+)! 」という人もいるのでは、と想像します。

普通のヒーロー物には飽きた、一風変わったヒーロー物が見たいという人にはお勧めします。

いずれ、今後の人生において末尾に「!?」を見つけた時は注意しましょう。

(完)