読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一匹狼が行く

前回

過払い金請求の話し

俺は急に

増えた様に思うのだが

そんな事を思うのは

俺だけだろうか

確かに

出資法の改正があった

2010年以降

過払い金請求が

増えた様に思うが

俺は

それだけでは

ないのではないかと思う

それはなぜか

実は 俺

国民健康保険

市民税を

以前

滞納していた事があった

現在は

支払いは終わっているが

支払いの相談に

毎月の様に

区役所に行って

相談を受けるのに

待っている間に

他の相談場所から

相談している

声が聞こえて来て

数度

それぞれ別の日に

違う人で

過払い金の話しを

していたのを

聞いた事がある

確か2010年の

出資法の改正があった

以前の話し

だったと思う

果たして

普通の人が

過払い金請求の事を

知っているかと

思うだろうか

実際

俺も相談の中で

消費者金融

借金があると話したら

弁護士さんに相談しなさいと

指導が入って

弁護士さんではなく

行政書士さんに

相談に行って

当初

債務整理だったが

2012年に

市税の相談担当から

自己破産に

されたらどうですかと

言われ

自己破産に切り替えて

去年2016年4月に

自己破産が成立している

その事から考えると

過払い金請求も

役所側のなんだかの

指導であったのでは

ないかったかと思われる

急な

過払い金請求や

債務整理

自己破産の裏には

行政の指導が

あったのではないかと思う

どう考えても

普通の人が

過払い金請求や

債務整理

自己破産なんて

知っているとは思えないし

もし

指導が入っていたとしたら

俺はいかがなものかと思う

確かに

国民健康保険でも

市民税でも

支払い出来ていない

人にとっては

助かった話しだろうが

その反面

消費者金融の倒産が

あったのかも知れない