読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禁じられたアレ

「Forbidden Colours」を昔、

ライブでカヴァーした。

色々カヴァー曲が出てるけど、

私が原曲にしたのは、

曲:教授、歌:デヴィッド・シルビアンの

オリジナルのやつ。

当時、うちの曲が何か色々アレなので

(いや私の歌詞のせいなんだが)、

箸休め的に、時々カヴァー曲も

やってて。

自分達と客層が共通で好きな

アーティストから選曲して。

あとまあ、私が喉を休めたかった

と言うのもある(^^;;

うちの曲が、私の喉の限界の高さの

キーばかりだったので、たまに

キー低い曲を挟むと喉を弛められて

ラクなんだね。

元々の声低いからね。

自前の曲が続くと、ずっと声帯の筋肉を

伸ばしてる状態になって、疲労させ過ぎて

コントロールし難くなるの

だから、他にはMIKADOとか、

ホントゆるいやつ。

聴く方も、ずっとキラキラボイスが

続くより良かろうとか、

私の声は高域と低域で全然別の人

みたいになるので、その辺の新鮮さとか。

男性ヴォーカルで女の人が出すには低いから、

一番低い音なんかは多分、出ない人が殆どだけど、

原曲のキーでやったんだっけ?

オクターブ上げたんだっけ?と思って、

さっき歌ってみたら、やっぱ原曲のキーで

やってるね。

最近やっと、骨をちゃんと治せる所を

見付けたので、横隔膜を下げられるように

なったので、声も以前より

コントロールしやすくなった。

昔は股関節が変な具合になってて、

どうしても横隔膜が下げられなくて、

上半身しか歌に使えなかったの

主に背筋に負荷が掛かってたのも、

多分そのせい。