読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心読めども、身によまず

法華経を、広めた日蓮上人が、題目の意味がきちんとわからず、読んでいたら、そこら辺にいる、田んぼの、蛙となんらかわらない。つまりきちんと理解をし、実践がともわなければ、いみがないのである、大吉は、日蓮宗の在家団体の会合によばれて、会合の中で、法華経の意味が、わかっていますかと、在家信者さんに、質問したら、しどろもどろの答えや、沈黙をしてる、それでは、何ら意味がないでは、ありませんか、自分は、日蓮宗の信者では、ないですが、題目の意味を理解をしてます。南無、帰依します。妙法、よいおしえ、蓮花経 白い蓮の清い心野の経で、ありませんか、泥土にさく、白い蓮の花は、いかなる汚れにくつしない、清い心の教えではありませんか、大吉が、説明をしたら、在家信者さんが、びつくりしていました。こいつは、ただ者ではないと思われました。あなたがたは、折伏問いうなのもとに、勧誘をされていますが、自分の母親かされたことについておはなしをしますが、母親が、留守に、無断で家にあがりこみ、本尊を、祀り、要らないと言うと、仏罰があたるとか、わるい現象が起こる、宗教がわるいとか、いうて、勧誘するこれが、日蓮上人が

、目指す、法華経のおしえですかと、自分をつれてきた、友人のおかあさんの地区の婦人部長さんが、他宗の本尊を、風呂場の焚き物と一緒荷やいたなんて、自分にはなしました。会合に来ていたから、指をさして、ひと言いわせてもらいます。いままでせわに、なった、先祖からの付き合いある、宗派に、きちんと事情を話し、本尊を返して、挨拶をして、筋を通すのが、人としての道では、ありませんか、勧誘したことを自慢話をすることなんて、真に出きる人間は、自慢はしません、自分は、空手道の師範では、あります。いくらよい信心であろうが、人としての行い立ち振舞い、言動が、よくなければ、誤解を生じます。経典の一言一句をしっかり理解をしなければ、よい教えも間違った、解釈となる、如是我聞と仏教の言葉がありますが、我、かくなるごとき、きいた、つまり、つたわり、つたわっていくうちに、正しく理解し、実践しないと、真実がまがったしまうのである、仏経の経典の夜道がいに、より、待つ宅、違った解釈をしては、なんらいみがないのである、自分は、非難をするために、会合に、出たわけではなく、親が、いやな目に遭った事実と、疑問を、ぶつけました。\xC2

腟箸ǂ蕁∋愿Δ気譴拭⌆愎揺徵垢蓮△❹世❹燭佞襪┐董〴虧未泙弔気Ľ砲覆蝓⊊戚曚靴討靴泙い泙靴拭◀修譴ǂ蕁∉鹽戮抜\xAB誘のはなしは、ありません、正しい道を求めるならば人としての道を、まつとうしなければなりません!